Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Weighted Sample Time Math ブロックを使用したサンプル時間の算術演算

この例では、Weighted Sample Time Math ブロックを使用してサンプル時間値を信号に追加する方法を示します。

Weighted Sample Time ブロックを使用すると、このモデルのサンプル時間が 0.2 になっていることが分かります。Weighted Sample Time Math ブロックで [演算] パラメーターを + に設定し、[重み値]1 に設定した場合、ブロックは 0.2 のサンプル時間値を入力信号に追加します。Weighted Sample Time Math1 ブロックで [重み値]3 に設定した場合、ブロックは入力信号に Ts*3 を追加し、各値は 0.6 ずつ増えていきます。