最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

First Order Hold

線形外挿された 1 次ホールドの入力信号への実装

  • ライブラリ:
  • Simulink / Continuous

説明

First Order Hold ブロックはその入力信号の連続的な区分的線形近似を出力します。First Order Hold ブロックを使用し、ソルバーのリセットをトリガーせずにサンプリングされた離散信号を連続信号に変換します。

First Order Hold ブロックを使用してモデルで代数ループを解除することもできます。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。実数値のスカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: double

出力

すべて展開する

入力信号の区分的線形近似。

データ型: double

パラメーター

すべて展開する

シミュレーション時間が離散入力の最初のサンプル ヒット時間を超えるまで、ブロックが生成する出力を指定します。

依存関係

  • このブロックの初期出力を inf または NaN にはできません。

  • 実行ごとに調整可能なパラメーターはシミュレーションの実行中は変更できません。ただし、シミュレーションの開始前に変更しても、アクセラレータまたはラピッド アクセラレータではコードの再生成は行われません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: InitialOutput
型: 文字ベクトル、string
値: スカラー | ベクトル
既定の設定: '0'

入力信号を平滑化するために使用する近似方法を指定します。低速またはローパス アルゴリズムは、入力信号を平滑化するときのオーバーシュートを回避することを目的としています。高速またはハイパス アルゴリズムは、ブロックの更新方法時に次の入力を予測しようとして誤差を最小限に抑えます。ブロックの予測された出力におけるこの誤差の削減は、基準信号または入力信号をオーバーシュートする傾向に対してトレード オフされます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputAlgorithm
型: 文字ベクトル、string
: Slow (Avoid Overshoot) | Fast (Minimize Error)
既定の設定: 'Slow (Avoid Overshoot)'

出力アルゴリズムの外挿誤差に対する許容誤差レベルを指定します。この値より大きい外挿誤差が原因で、Simulink® によりモデルのソルバーがリセットされます。

ヒント

このパラメーターが inf に設定されている場合に [連続入力を許可] パラメーターを有効にすると、シミュレーションが数値的に不正確になる場合があります。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ErrorTolerance
型: 文字ベクトル、string
値: スカラー
既定の設定: 'inf'

このパラメーターを選択して、連続信号を入力として受け入れるようにブロックを有効にします。このパラメーターを有効にすると、入力連続信号と出力連続信号の間に遅延が生じます。

メモ

このブロックを使用して代数ループを解除する場合に、このパラメーターを有効にします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: AllowContinuousInput
型: 文字ベクトル、string
値: 'off' | 'on'
既定の設定: 'off'

ブロックの特性

データ型

double

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

アルゴリズム

すべて展開する

拡張機能

R2019b で導入