Main Content

Demux ブロックを使用したベクトル要素の抽出

Demux ブロックを使用してベクトル入力からベクトルの要素を抽出して出力するとき、ベクトル表現に -1 を使用することで、ブロックが対応する端子のサイズを動的に調整するよう指定できます。ベクトル表現が正の値と -1 の値の両方からなるとき、ブロックは正の値の端子に必要な数の要素を割り当てます。ブロックは、残りの要素を -1 の値の端子にできるだけ均等に分配します。

この例では、Demux ブロックの [出力数] パラメーターを [-1, 3, -1] に設定します。このとき、ブロックは 3 つの信号を出力し、その中の 2 番目の信号の要素の数は常に 3 つになります。最初の信号と 3 番目の信号のサイズは入力信号のサイズによって決まります。入力ベクトルの要素数が 7 つの場合、Demux ブロックは、1 番目の端子に 2 つの要素、2 番目の端子に 3 つの要素、3 番目の端子に 2 つの要素を出力します。

参考