Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

delete_line

Simulink モデルからラインを削除

説明

delete_line(sys,out,in) は、出力端子 out を入力端子 in に接続するラインをモデルまたはサブシステム sys から削除します。

delete_line(sys,point) は点 point を含めるラインを削除します。

delete_line(lineHandle) はライン ハンドルを使用してラインを削除します。

すべて折りたたむ

モデル vdp で、Product ブロックと Gain ブロックを接続するラインを削除します。

load_system('vdp');
delete_line('vdp','Product/1','Mu/1');

モデル vdp では、ライン ハンドルを使用してラインを削除します。ライン ハンドルはさまざまな手法を使用して取得できます。

load_system('vdp');
h = get_param('vdp/Mu','LineHandles');
delete_line(h.Outport(1));

ラインの作成時にライン ハンドルを取得します。そのハンドルを使用してラインを削除します。

a = add_line('vdp','Mu/1','Sum/2');
delete_line(a)

ライン上の点を使用してライン全体を削除できます。

モデル vdp 内の Mu ブロックの端子座標を求めます。

open_system('vdp');
mu = get_param('vdp/Mu','PortConnectivity');
mu.Position
ans = 1×2

   190   150

ans = 1×2

   225   150

Mu ブロックと Sum ブロックを接続するラインは、出力端子で開始します (225,150)。同じ x 軸に沿ってその点の右にある任意の点を使用し、ラインを削除できます。

delete_line('vdp',[230,150]);

分岐線をもつ delete_line を使用して任意の接続に対するセグメントを削除します。

モデル vdp を開きます。

open_system('vdp');

x1 から Out1 ブロックまでのラインを削除します。このコマンドは指定したブロックに分岐を接続するラインのセグメントのみを削除します。

delete_line('vdp','x1/1','Out1/1')

x2 から Mux までのライン セグメントを削除します。

delete_line('vdp','x2/1','Mux/2')

x2 から Product ブロックまでのライン セグメントを削除します。

delete_line('vdp','x2/1','Product/2')

入力引数

すべて折りたたむ

ラインが削除されるモデルまたはサブシステム。文字ベクトルとして指定します。

例: 'vdp' , 'f14/Controller'

ラインが削除されるブロックの出力端子。次のいずれかで指定します。

  • ブロック名、スラッシュ、および端子名または番号。ほとんどのブロック端子には、上から下、左から右への順に番号が付けられます。状態端子の場合は、端子番号の代わりに端子名の状態を使用します。

  • ラインが削除される端子ハンドル。

'PortHandles'get_param で使用してハンドルを取得します。

例: 'Mu/1', 'Subsystem/2'

ラインが削除されるブロックの入力端子。次のいずれかで指定します。

  • ブロック名、スラッシュ、および端子名または番号。以下に対する端子名:

    • Enabled Subsystem は Enable。

    • Triggered Subsystem は Trigger。

    • If Action Subsystem と Switch Case Action Subsystem は Action。

  • ラインが削除される端子ハンドル。

'PortHandles'get_param で使用してハンドルを取得します。

例: 'Mu/1', 'Subsystem/2'

ライン上に配置される削除する点。1 行 2 列の行列として指定します。

例: [150 200]

削除するラインのハンドル。get_param'LineHandles' オプションを指定して使用するか、ラインをプログラムで作成する際にラインをハンドルに割り当てることで、ライン ハンドルを取得できます。

R2006a より前に導入