Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

データ型指定フィルター

この例では、標準的な Simulink® ブロックを使用して、データ型が異なる信号にフィルターを適用する方法を示します。この例では、何らかのノイズが乗った信号が生成されます。その後、この信号は、単精度データ型および標準の倍精度データ型としてフィルターにかけられます。その後、各信号のフィルターからの出力が比較され、エラーがスコープに表示されます。