ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

対数ルックアップ テーブルの作成

この例では、N-D Lookup Table ブロックを使用して対数ルックアップ テーブルを作成する方法を示します。ルックアップ テーブルを使用すると、計算量の多い計算を実行せずに入力範囲 [1,10] を超える常用対数 (10 を底とする) を近似することができます。