最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Lookup Table Dynamic ブロックを使用した関数 sinh の近似

この例では、Lookup Table Dynamic ブロックを使用して関数 sinh を近似します。ブレークポイント データはベクトル [-5:5] で与えられ、テーブル データはベクトル sinh([-5:5]) で与えられます。入力 x は、Constant ブロックにより、ブレークポイント データの値未満、以内、および超える値を含む 1 行 3 列のベクトルとして示されます。

各ルックアップ手法によりブレークポイント データの値未満、以内、および超える入力値を処理する方法を確認するには、Lookup Table Dynamic ブロックで [ルックアップ手法] パラメーターの値を変更します。

Lookup Table Dynamic ブロックは、指定されたルックアップ手法と入力を使用した場合、次の値を出力します。