Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

na_0036: 既定のバリアント

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a、b

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Variant Subsystem は、必ず 1 つのサブシステムが選択されるように構成します。これは、次のいずれかの方法を使用して実現します。

  • バリアントの既定のバリアントを使用します。

  • 条件変数が取りうるすべての値を完全にカバーするように条件を定義します。たとえば、Boolean 型が ture の値の場合と false の値の場合について条件を定義します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

既定のバリアントが使用されています。

FUNC が logical 型です。

例 — 誤

FUNC1 または 2 でない場合、アクティブなサブシステムは存在しません。

サブ ID b

条件付き可変信号に適用できるすべての値を設定して 1 つのサブシステムが常に選択されるように、モデル バリアントの条件を設定します。たとえば、可変信号の値が true の場合と false の場合の条件を準備します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

条件変数のすべての値がカバーされるように条件が設定されています。

例 — 誤

FUNC1 または 2 でない場合、アクティブなサブシステムは存在しません。

根拠

サブ ID a、b:

  • 条件の抜け漏れを防ぎます。

  • 条件に抜け漏れがあると、アクティブなサブシステムが存在しない可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check use of default variants (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入