Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0653: フィードバック ループにおける遅延ブロックの配置方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — a

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

サブシステムをまたぐフィードバック ループの Delay ブロックは、フィードバック ループを記載している階層内に配置します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

Delay ブロックは、フィードバック ループを記述する階層内にあります。

例 — 誤

Delay ブロックは、フィードバック ループを記述する階層内に入れ子になっているサブシステムにあります。

根拠

サブ ID a:

  • Delay ブロックを二重に配置することを防ぎます。

  • 流用範囲を明確にすることで、再利用性が向上します。

  • テスト容易性が向上します。過去の値を直接入力できないため、Delay ブロックを含むサブシステムをテストするのは困難です。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check for avoiding algebraic loops between subsystems (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入