Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

db_0144: サブシステムの使用方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a、b

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Simulink® ブロック線図に示されているアルゴリズムの機能的分解またはその一部分に基づいて、ブロック線図のブロックをサブシステムにグループ化します。ブロックは、動作のバリアントまたはタイミングに基づいてグループ化することもできます。

ブロック線図内のスペースを節約することを主目的にしてブロックをサブシステムにグループ化することは避けます。ブロック線図の各サブシステムは、モデルまたはサブモデルの目的を果たすために必要な機能の単位を表します。

サブシステムを実装して可読性の問題を軽減する場合は、バーチャル サブシステムを使用します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

サブシステムは機能単位で分割されています。

例 — 誤

サブシステムは機能単位で分割されていません。

サブ ID b

処理順序とコード生成を考慮する必要がない場合は、バーチャル サブシステムを使用します。

カスタム パラメーター

該当なし

根拠

サブ ID a:

  • ブロック線図内のスペースを節約することを主目的にしてブロックをサブシステムにグループ化することは避けます。

  • サブシステムの再利用が難しくなる可能性があります。

サブ ID b:

  • Atomic サブシステムは、処理順序とコードの最適化に影響する単一プロセスと見なされるため、意図した目的以外で使用されるときに誤って解釈される可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェックを使用して、このモデリング ガイドラインへの準拠を確認することはできません。

最終更新

R2020a

R2020a で導入