Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

db_0032: 信号線の結線

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a1/a2、b、c、e

  • JMAAB — a1/a2、b、c、d、e

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a1

垂直および水平の信号線は互いに交差しません。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID a2

(R2014a 以降) 垂直および水平の信号線が交差しなければならない場合、Simulink エディターの基本設定 [ライン交差のスタイル] を [Line hop] に設定します。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

垂直線は水平線を飛び越しています。

サブ ID b

信号線は他の信号線と重ねません。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID c

信号線はブロックを横切りません。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID d

信号線は、1 つの分岐点で 3 つ以上の副線に分岐しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID e

信号線は、モデル レイアウトに応じて垂直または水平方向にサイズ変更されます。

カスタム パラメーター

該当なし

根拠

サブ ID a1、c:

  • 信号線が交差する場合、ブロック間の関係を理解するのが難しくなります。

サブ ID a2:

  • R2014a 以降、交差と分岐の違いが明確にされています。

サブ ID b:

  • 信号線が重なると、ブロック間の関係が分かりにくくなります。

サブ ID d:

  • ブロック間の関係が分かりにくくなります。

サブ ID e:

  • 信号線の適用を統一すると、可読性が向上します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check signal line connections (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入