Main Content

固定小数点の正味勾配計算に除算を使用

説明

Fixed-Point Designer™ ソフトウェアは、単純性と正確性の条件を満たす場合、正味スケーリングを扱うために除算を使って正味スケーリング計算を実行します。

カテゴリ: 数学とデータ型

設定

既定の設定: オフ

オフ

整数乗算とそれに続くシフトを使って正味スケーリング計算を実行します。

オン

正味スケーリングの有理近似を使って正味スケーリング計算を実行します。これは、単純性と正確性の条件を満たす場合、整数除算、乗算、および加算になります。

整数の逆数の場合にのみ除算を使用

正味勾配が整数の逆数で表現され、単純性と正確性の条件を満たす場合、除算を使って正味勾配計算を実行します。

ヒント

  • この最適化は、シミュレーションとコード生成の両方に影響します。

  • 固定小数点勾配の変化量が 2 のべき乗でない場合は、正味スケーリング計算が必要です。通常、正味スケーリング計算には、整数乗算とそれに続くシフトが使用されます。この最適化を有効にすると、特定の単純性と正確性の条件下で、乗算とシフトが整数除算、乗算、および加算に置き換えられます。

  • 除算を使った正味スケーリング計算が、乗算とそれに続くシフトを使用した正味スケーリング計算よりも常に効率的であるわけではありません。ターゲット ハードウェアが効率的な除算に対応していることを確認してください。

  • この最適化が確実に行われるようにするには、次の手順に従います。

    • ターゲット ハードウェアの long データ型を使用して除算を実行できるように、ブロックの語長を設定します。この設定により、マルチワード処理が使用されません。

    • [ハードウェア実行] ペインの [符号付き整数の除算の丸め] コンフィギュレーション パラメーターを [ゼロ方向] または [負方向] に設定します。このパラメーターを [未定義] に設定すると、最適化が行われません。

    • ブロックの [整数丸めモード] パラメーターを [シンプルな丸め] に設定するか、[ハードウェア実行] ペインの [符号付き整数の除算の丸め] コンフィギュレーション パラメーターの設定値に設定します。

  • 次の表は、このパラメーターがさまざまな固定小数点演算に与える影響をまとめています。

演算

[固定小数点の正味勾配計算に除算を使用][オン]

[固定小数点の正味勾配計算に除算を使用][オフ]

乗算

2 のべき乗でない勾配または非ゼロ バイアス、あるいはその両方をもつ固定小数点の乗算演算は、表現が向上します。

固定小数点の乗算演算は、レガシ動作に従って行われます。

除算

2 のべき乗でない勾配または非ゼロ バイアス、あるいはその両方をもつ固定小数点の除算演算は、表現が向上します。

キャスト

2 のべき乗でない勾配または非ゼロ バイアス、あるいはその両方をもつ固定小数点のキャスト演算は、表現が向上します。

固定小数点のキャスト演算は、レガシ動作に従って行われます。

依存関係

このパラメーターには Fixed-Point Designer のライセンスが必要です。

コマンド ライン情報

パラメーター: UseDivisionForNetSlopeComputation
値: 'off' | 'on' | 'UseDivisionForReciprocalsOfIntegersOnly'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性オン (ターゲット ハードウェアが効率的な除算に対応している場合)
オフ (対応していない場合)
安全対策影響なし

関連するトピック