最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

行優先の配列レイアウトに最適化されたアルゴリズムを使用

説明

行優先形式のコード生成のアルゴリズムと、対応するシミュレーション用の行優先アルゴリズムを有効にします。

カテゴリ: 数学とデータ型

設定

既定の設定: オフ

[配列のレイアウト] (Simulink Coder) が [行優先] に設定されている場合、コード ジェネレーターはアルゴリズムを使用してシミュレーションと生成コード間の数値結果の整合性を維持します。場合によって、これらのアルゴリズムの生成コードが非効率になることがあります。[行優先の配列レイアウトに最適化されたアルゴリズムを使用] コンフィギュレーション パラメーターを有効にして効率的なアルゴリズムを有効にできますが、そのためにシミュレーションと生成コード間の数値が異なる結果になることがあります。効率的な行優先のコード生成で Lookup Table ブロック、Sum ブロック、および Product ブロックを有効にするには、このコンフィギュレーション パラメーターを使用します。[行優先の配列レイアウトに最適化されたアルゴリズムを使用] パラメーターはシミュレーションと生成コードに影響します。

オン

[配列のレイアウト][行優先] に設定されている場合に、行優先の配列レイアウトに最適化されたアルゴリズムを使用します。

オフ

[配列のレイアウト][列優先] に設定されている場合、行優先の配列レイアウト用に最適化されたアルゴリズムは使用しないでください。

ヒント

[配列のレイアウト][行優先] に設定されている場合、行優先のアルゴリズムはメモリ内で連続しているテーブル データで動作します。このテーブル データによって、キャッシュ アクセスが迅速化し、これらのアルゴリズムがキャッシュ対応になります。

以下の表に、配列レイアウトとキャッシュ対応のアルゴリズムとの関係をまとめます。優れたパフォーマンスを得るには、指定された配列レイアウトに最適化されているアルゴリズムを使用することをお勧めします。たとえば、コード生成の [配列レイアウト][行優先] に設定されている場合は、[行優先の配列レイアウトに最適化されたアルゴリズムを使用] を選択します。

コマンド ライン情報

パラメーター: UseRowMajorAlgorithm
型: 文字ベクトル
値: 'on' | 'off'
既定の設定: 'off'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック