ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Function ブロックを使用したレーダー追跡

この例では、Simulink® で拡張カルマン フィルターと MATLAB® Function ブロックを併用し、レーダーの測定値から航空機の位置を推定する方法を示します。フィルター実装は MATLAB Function ブロックにあり、その内容は Simulink モデル自体に保存されています。

シミュレーションの最後に、実際の軌跡と推定の軌跡を比較したグラフ、スコープの推定残差のグラフ、実際位置、測定位置、および推定位置を示したグラフが表示されます。

この情報は役に立ちましたか?