Main Content

選択したブロックでのシミュレーション データのログ作成と表示

この例では、モデルを設定して、選択したブロックのみについてシミュレーション データのログを作成するようにする方法と、Simscape™ 結果エクスプローラーを使用してシミュレーション データを表示する方法について示します。

  1. 永久磁石 DC モーターのモデル例を開きます。MATLAB® コマンド プロンプトに以下を入力します。

    openExample('simscape/PermanentMagnetDCMotorExample')
  2. DC Motor サブシステムをダブルクリックして開きます。

  3. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの左側のペインで、[Simscape] を選択します。このモデル例では、モデル全体のデータ ロギングが有効になっています。ブロック単位でデータ ロギングを有効にするには、[シミュレーション データ ログ] パラメーターを [ローカル設定を使用] に設定し、[OK] をクリックします。

  4. データ ログを作成するブロックを選択します。Rotational Electromechanical Converter ブロックをクリックし、次に [Simscape ブロック] タブで、[ログ データ] をクリックして [ログ データ] チェック ボックスをオンにします。

  5. 前の手順で説明したように、Inertia ブロックを右クリックしてデータ ログ作成用に選択します。

  6. モデルのシミュレーションを実行します。これにより、simlog_PermanentMagnetDCMotor という名前 ([ワークスペース変数名] パラメーターで指定) のワークスペース変数が作成され、選択したブロックのみのシミュレーション データが格納されます。

  7. Simscape 結果エクスプローラーを開くには、データ ログ作成用に以前選択したブロックの 1 つ (たとえば Rotational Electromechanical Converter ブロック) をクリックして、[Simscape ブロック] タブで [結果エクスプローラー] をクリックします。

    Simscape 結果エクスプローラー ウィンドウが開きます。左側のペインで Rotational Electromechanical Converter ノードが既に選択され、右側のペインにこのブロックのすべてのノード プロットが表示されます。選択した 2 つのブロック、Rotational Electromechanical Converter と Inertia のシミュレーション データのみが含まれていることがわかります。

参考

関連する例

詳細