Main Content

Rotational Inerter

機械回転システムの 2 端子の慣性

ライブラリ

Mechanical Rotational Elements

  • Rotational Inerter block

説明

Rotational Inerter ブロックは、端子全体での相対角速度の変化率に比例するトルクをもつデバイスを表します。実質的には、絶対速度ではなく端子間の速度差に対して機能する 2 端子の慣性です。

このブロックは、高性能サスペンション システムでウィーブ モードとロール モードの分離に使用したり、受動的に調整されたマス-バネ-ダンパーの応答をモデル化する必要がある用途で使用します。

このブロックは次の方程式で記述されます。

T=Bdωdt

ω=ωRωC

ここで、

T慣性を通じて伝達されるトルク
B回転イナータンス
ω相対角速度
ωR、ωCそれぞれ端子 R と端子 C の絶対角速度

このブロックの正方向は端子 R から端子 C です。これは、トルクは R から C の方向に作用する場合に正であることを意味します。

変数

シミュレーションの前にブロック変数の優先順位と初期ターゲット値を設定するには、ブロックのダイアログ ボックスまたはプロパティ インスペクターの [初期ターゲット] セクションを使用します。詳細については、ブロック変数の優先順位と初期ターゲットの設定を参照してください。

ノミナル値は、モデル内で予想される変数の大きさを指定する方法を提供します。ノミナル値に基づくシステムのスケーリングを使用すると、シミュレーションのロバスト性が向上します。ノミナル値はさまざまなソースから得られます。その 1 つがブロックのダイアログ ボックスまたはプロパティ インスペクターの [ノミナル値] セクションです。詳細については、ブロック変数のノミナル値の変更を参照してください。

パラメーター

回転イナータンス

トルクと端子全体での相対角速度の変化率の間の比例係数。既定値は 1 kg*m/^2 です。

端子

このブロックには次の端子があります。

R

ロッドに関連付けられた機械回転保存端子。

C

ケースに関連付けられた機械回転保存端子。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

バージョン履歴

R2015b で導入

参考