ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

零点-極解析

関数 zplane では、線形システムの極と零点がプロットされます。たとえば、-1/2 で零点をもち、0.9e-j2π0.3 および 0.9ej2π0.3 で複素共役極を取る単純なフィルターは、次のようになります。

zer = -0.5; 
pol = 0.9*exp(j*2*pi*[-0.3 0.3]');

このフィルターの極-零点プロットの表示には、zplane を使用します。システムが極-零点形式の場合は列ベクトル引数を指定します。

zplane(zer,pol)

他のツールにアクセスするには、fvtool を使用します。まず、極と零点を伝達関数の形式に変換し、次に fvtool を呼び出します。

[b,a] = zp2tf(zer,pol,1);
fvtool(b,a)

ツール バーの [極-零点プロット] ボタンをクリック、メニューから [解析][極-零点プロット] を選択、または以下のコードを入力してプロットを表示します。

fvtool(b,a,'Analysis','polezero')

伝達関数形式のシステムに zplane を使用する場合は、行ベクトル引数を指定します。この場合、zplane は関数 roots を使用して分子係数と分母係数を求め、その結果の零点と極をプロットします。

zplane(b,a)

システムの零点-極表現と伝達関数表現の詳細は、離散時間システム モデルを参照してください。

参考

| |