ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

インパルス応答

デジタル フィルターのインパルス応答は、次の式で定義される単位インパルス シーケンスからの出力です。

δ(n)={1,n=0,0,n0.

インパルス シーケンスを生成するにはいくつかの方法がありますが、次に簡単な方法を示します。

imp = [1; zeros(49,1)];

b=1 および a=[1-0.9] の簡単なフィルターのインパルス応答は h(n)=0.9n になり、これは指数関数的に減衰します。

b = 1;
a = [1 -0.9];

h = filter(b,a,imp);

stem(0:49,h)

インパルス応答を単純に表示する場合は、フィルターの可視化ツール fvtool を使用します。

fvtool(b,a)

ツール バーの [インパルス応答] ボタン [] をクリックし、メニューから [解析][インパルス応答] を選択するか、あるいは以下のコードを入力して、単極システムの指数関数的減衰を取得します。

fvtool(b,a,'Analysis','impulse')