最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

非対称減衰の FIR バンドパス フィルター

フィルター デザイナーアプリを使用して、1 kHz でサンプリングされた信号で使用される 50 次等リップルの FIR バンドパス フィルターを作成します。

N = 50;
Fs = 1e3;

パスバンドの周波数の範囲を 200 ~ 300 Hz で指定し、いずれかの側の遷移領域の幅を 50 Hz に指定します。

Fstop1 = 150;
Fpass1 = 200;
Fpass2 = 300;
Fstop2 = 350;

次のように最適化適合の重みを指定します。

  • 低周波数阻止帯域に 3

  • パスバンドに 1

  • 高周波数阻止帯域に 100

フィルター デザイナーアプリを開きます。

Wstop1 = 3;
Wpass = 1;
Wstop2 = 100;

filterDesigner

アプリを使用してフィルターの残りの部分を設計します。周波数制約と振幅仕様を指定するには、作成した変数を使用します。

  1. [応答タイプ][バンドパス] に設定します。

  2. [設計法][FIR] に設定します。ドロップダウン リストから [等リップル] を選択します。

  3. [フィルター次数] で次数に N を指定します。

  4. [周波数仕様] で、[Fs]Fs を指定します。

  5. [フィルター設計] をクリックします。

参考

アプリ

関数