ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

次数-RPM マップの計算と表示

2 つの線形チャープと 1 つの 2 次チャープ (すべて 600 Hz で 5 秒間サンプリング) で構成される信号を生成します。テスト期間中、信号を発生させるシステムは回転速度を 1 秒あたり 10 回転から 40 回転に上昇させます。

タコメーターの読み取り値を生成します。

fs = 600;
t1 = 5;
t = 0:1/fs:t1;
f0 = 10;
f1 = 40;
rpm = 60*linspace(f0,f1,length(t));

線形チャープの次数は 1 および 2.5 です。次数 1 の成分の振幅は他の成分の振幅の 2 倍です。2 次チャープは次数 6 から始まり、測定の最後にこの次数に戻ります。振幅は 0.8 です。この情報を使用して信号を作成します。

o1 = 1;
o2 = 2.5;
o6 = 6;
x = 2*chirp(t,o1*f0,t1,o1*f1)+chirp(t,o2*f0,t1,o2*f1) + ...
    0.8*chirp(t,o6*f0,t1,o6*f1,'quadratic');

信号の次数-RPM マップを計算します。各測定セルのピーク振幅を使用します。0.25 次の分解能を指定します。サイドローブの減衰量が 80 dB のチェビシェフ ウィンドウをデータに適用します。

[map,or,rp] = rpmordermap(x,fs,rpm,0.25, ...
    'Amplitude','peak','Window',{'chebwin',50});

次数-RPM マップをウォーターフォール プロットとして描画します。

[OR,RP] = meshgrid(or,rp);
waterfall(OR,RP,map')
view(-15,45)
xlabel('Order')
ylabel('RPM')
zlabel('Amplitude')

rpmordermap の組み込み機能を使用して、マップを表示します。0.2 次の分解能、および隣接するセグメント間に 80% のオーバーラップを指定します。

rpmordermap(x,fs,rpm,0.2, ...
    'Amplitude','peak','OverlapPercent',80,'Window',{'chebwin',80})

参考

| | | | |