Main Content

波形生成: 時間ベクトルと正弦波

ほとんどのツールボックス関数では、まず、時間ベースを表すベクトルが要求されます。たとえば、サンプリング周波数が 1,000 Hz のデータを生成する場合を考えます。適切な時間ベクトルは以下のようになります。

t = (0:0.001:1)';

ここで、MATLAB® のコロン演算子 (:) により、0 秒から 1 秒まで 1 ms 単位で進む時間を表す 1001 要素の行ベクトルが作成されます。転置演算子 (') によって行ベクトルは列に変換されます。セミコロン (;) は、MATLAB で計算は行われますが、その結果は非表示となることを示しています。

t が指定されると、50 Hz の正弦波とその 2 倍の振幅をもつ 120 Hz の正弦波から構成されるサンプル信号 y を作成できます。

y = sin(2*pi*50*t) + 2*sin(2*pi*120*t);

ベクトル t から形成される新たな変数 y も 1,001 の要素から構成されています。正規分布したホワイト ノイズをこの信号に加え、最初の 50 点をプロットできます。

yn = y + 0.5*randn(size(t));
plot(t(1:50),yn(1:50))

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.