Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

一般的な非周期的波形

Signal Processing Toolbox™ には、よく使用される非周期的波形を生成するための関数もいくつか用意されています。

  • gauspulsでは、指定した時間、中心周波数および比帯域幅のガウス変調正弦波パルスが生成されます。オプションのパラメーターを使用すると、同相パルスと直交パルス、RF 信号包絡線、および後続パルス包絡線のカットオフ時間を返すことができます。

  • chirpでは、線形、対数、または 2 次スイープ周波数の正弦波信号が生成されます。オプションのパラメーターを使用すると、代替のスイープ方法を指定できます。オプションのパラメーターを使用すると、初期位相を度単位で指定できます。

DC で開始して 1 秒で 150 Hz を超える、サンプル レートが 1 kHz の線形チャープ信号を 2 秒間計算します。

t = 0:1/1000:2;
y = chirp(t,0,1,150);

チャープのスペクトログラムをプロットします。隣接するウィンドウ セグメント間の 90% のオーバーラップを指定します。

pspectrum(y,t,'spectrogram','OverlapPercent',90)

Figure contains an axes. The axes with title Fres = 10.2261 Hz, Tres = 251 ms contains an object of type image.

gauspuls を使用して、1 MHz のサンプル レートで、60% の帯域幅をもつ 50 kHz のガウス RF パルスをプロットします。包絡線がピークから 40 dB 減衰するところでパルスを打ち切ります。

tc = gauspuls('cutoff',50e3,0.6,[],-40);
t = -tc : 1e-6 : tc;
yi = gauspuls(t,50e3,0.6);
plot(t,yi)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type line.

参考

| |