Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

GPU コード生成

MATLAB® コードから CUDA® コードを生成する

Signal Processing Toolbox™ を使用してアプリケーションを開発した後に、NVIDIA® GPU 用の最適化された CUDA コードを MATLAB コードから生成できます。このコードは、ソース コード、スタティック ライブラリ、またはダイナミック ライブラリとしてプロジェクトに統合でき、GPU でのプロトタイピングに使用できます。機械学習、深層学習などのアプリケーションでは、生成された CUDA コードを MATLAB 内で使用して、MATLAB コードの計算量の多い部分を高速化することができます。CUDA コードを生成するには、MATLAB Coder™ および GPU Coder™ が必要です。

GPU コード生成をサポートする関数の一覧については、関数リスト (GPU コード生成) を参照してください。

アプリ

GPU CoderMATLAB コードからの GPU コードの生成

関数

codegenMATLAB コードから C/C++ コードを生成する

トピック