Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

信頼されていないカスタム コード、カスタム ターゲット、およびコールバック

カスタム コードは以下に使用できます。

  • 開発コンピューターでのシミュレーション。

  • 外部ハードウェアに配布するアプリケーション。

信頼されていないカスタム コード、カスタム ターゲット、またはコールバックにはリスクがあります。設計の意図していない変更、サードパーティによる機密コードとデータの不正取得、データの未承認の破棄などです。

機密コードとデータをサプライヤーまたはカスタマーと交換するためのベスト プラクティスは次のとおりです。

  • コードのパッケージ化の場合は、Open Packaging Conventions (OPC) コンテナーなど、暗号化をサポートするセキュアなコンテナーを使用します。

  • ファイル転送の場合は、HTTPS や SFTP などのセキュアな転送プロトコルを使用します。