Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Atomic サブチャートからのコードの生成

Simulink® モデルで Stateflow® チャートの単体テストを実行するには、最初に Atomic サブチャートを使用してチャートを小さい独立したコンポーネントに分割します。チャート用にコードを生成すると、Atomic サブチャートのコードが別のファイルに保存されます。Atomic サブチャートから再利用可能なコードを作成すると、Stateflow チャートの個々の部分をテストする際に便利です。詳細については、Atomic サブチャート使用した再利用可能なサブコンポーネントの作成 (Stateflow)を参照してください。

リンクされていない Atomic サブチャートでの再利用可能なコードの生成

リンクされていない Atomic サブチャートでコード生成パラメーターを指定するには、以下のようにします。

  1. チャートで Atomic サブチャートを右クリックし、[プロパティ] を選択します。

  2. ダイアログ ボックスで、以下のパラメーターを指定します。

    1. [コード生成関数のパッケージ化][再利用可能な関数] に設定します。

    2. [コード生成ファイル名オプション][ユーザー指定] に設定します。

    3. [コード生成ファイル名] で、ファイルの名前を拡張子なしで入力します。

  3. Ctrl+E キーを押して、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開きます。

  4. [コード生成] タブで、[システムターゲットファイル] パラメーターを [ert.tlc] に設定します。

  5. (オプション) Atomic サブチャート用に生成された関数名をカスタマイズします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成][識別子] タブで、[サブシステムのメソッド] パラメーターを設定します。次のトークンの組み合わせを使用して、関数名の形式を指定します。

    • $R: ルート モデル名

    • $F: Atomic サブチャート用のインターフェイスのタイプ

    • $N: ブロック名

    • $H: サブシステム インデックス

    • $M: 名前マングリング テキスト

詳細については、Atomic サブチャート用の個別コードの生成 (Stateflow)を参照してください。

リンクされている Atomic サブチャートでの再利用可能なコードの生成

同じライブラリからリンクされている Atomic サブチャートのコード生成パラメーターを指定するには、以下のようにします。

  1. Atomic サブチャートをもつライブラリ モデルを開きます。

  2. ライブラリロックを解除。

  3. ライブラリ チャートを右クリックし、[ブロック パラメーター] を選択します。

  4. ダイアログ ボックスで、以下のパラメーターを指定します。

    1. [メイン] タブで、[Atomic サブシステムとして扱う] を選択します。

    2. [コード生成] タブで、[関数のパッケージ化][再利用可能な関数] に設定します。

    3. [ファイル名オプション][ユーザー指定] に設定します。

    4. [ファイル名] で、ファイルの名前を拡張子なしで入力します。

  5. [コード生成] タブで、[システムターゲットファイル] パラメーターを [ert.tlc] に設定します。

  6. (オプション) Atomic サブチャート用に生成された関数名をカスタマイズします。[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成][識別子] タブで、[サブシステムのメソッド] パラメーターを設定します。次のトークンの組み合わせを使用して、関数名の形式を指定します。

    • $R: ルート モデル名

    • $F: Atomic サブチャート用のインターフェイスのタイプ

    • $N: ブロック名

    • $H: サブシステム インデックス

    • $M: 名前マングリング テキスト

モデル用にコードを生成すると、同じライブラリからリンクされている Atomic サブチャートのコードが別のファイルに保存されます。

関連するトピック