Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

外部デバイス ドライバーの呼び出し

プロトコルおよびターゲット ハードウェアのデバイス ドライバーは、多くのリアルタイム開発プロジェクトに欠かせません。たとえば、機能しているデバイス ドライバーを、このドライバーがサポートする I/O デバイスに対してデータを読み書きする必要のあるアルゴリズム コードと統合することができます。コード ジェネレーターは、アルゴリズム モデルと C または C++ で記述された統合ドライバー コードからアプリケーション ソース ファイルの単一のセットを生成できます。

Simulink® 環境から外部デバイス ドライバー コードを呼び出すには、この表のタスクを反復します。

タスクアクション詳細
1外部コードの特性と統合要件の評価を確認します。Choose an External Code Integration Workflow (Embedded Coder)
2コード生成用のモデル データの表示を定義します。Exchange Data Between External C/C++ Code and Simulink Model or Generated Code (Embedded Coder)
3レガシ コード ツールを使用して S-Function と TLC ファイルを生成します。必要に応じて、アプリケーション要件を満たすよう生成コードを手動で調整します
4モデルをシミュレーションして、アルゴリズムの動作とパフォーマンスを検証します。シミュレーション
5コードを生成するためにモデルを設定します。Generate Code That Matches Appearance of External Code (Embedded Coder)モデル コンフィギュレーション (Embedded Coder)
6コードとコード生成レポートを生成します。コード生成 (Embedded Coder)
7生成コード インターフェイスと静的コード メトリクスを確認します。Analyze the Generated Code Interface (Embedded Coder)Static Code Metrics (Embedded Coder)
8モデルから実行可能なプログラムをビルドします。Build Integrated Code Within the Simulink Environment (Embedded Coder)
9実行可能プログラムの動作と実行が予想どおりであることを確認します。数値的等価性のテスト (Embedded Coder)
10実行可能なプログラムが予測どおり実行されるか確認します。コード実行のプロファイル (Embedded Coder)

関連するトピック