Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Model Source

外部ソース コードを指定

説明

Model Source ブロックを含むモデルでは、指定した外部コードがコード ジェネレーターによって生成されたソース ファイル (model.c または model.cpp) に追加されます。コード ジェネレーターでソース ファイルの上部および下部付近に追加するコードを指定できます。

このブロックを参照モデルに含めると、コード ジェネレーターでは、シミュレーション ターゲット ビルド用のブロックは無視されますが、システム ターゲット ファイル用のブロックは処理されます。

パラメーター

すべて展開する

コード ジェネレーターでモデルのソース ファイルの上部付近に追加するコードを指定します。コード ジェネレーターは、user code (top of source file) というラベルのセクションにコードを配置します。

コード ジェネレーターでモデルのソースの下部に追加するコードを指定します。コード ジェネレーターは、user code (bottom of source file) というラベルのセクションにコードを配置します。

R2006a で導入