Main Content

getReferencedModelCodeDescriptor

クラス: coder.codedescriptor.CodeDescriptor
パッケージ: coder.codedescriptor

指定された参照モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを返す

構文

refCodeDescriptor = getReferencedModelCodeDescriptor(codeDescObj, refModelName)

説明

refCodeDescriptor = getReferencedModelCodeDescriptor(codeDescObj, refModelName) は、refModelName で指定された参照モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを返します。

入力引数

すべて展開する

生成されたコードに関する情報を取得する coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクト。

refModelName は、getReferencedModelNames() によって返された参照モデルのリストの任意の名前を受け取ることができます。

出力引数

すべて展開する

指定された参照モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクト。

  1. モデルを作成します。

    slbuild('rtwdemo_async_mdlreftop')

  2. 必要なモデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを作成します。

    codeDescObj = coder.getCodeDescriptor('rtwdemo_async_mdlreftop')
    

  3. 参照モデルのリストを返します。

    refModels = getReferencedModelNames(codeDescObj)

refModels には rtwdemo_async_mdlreftop の参照モデルのリストが含まれています。

{'rtwdemo_async_mdlrefbot'}
任意の参照モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトを取得します。
refCodeDescriptorObj = getReferencedModelCodeDescriptor(codeDescObj, 'rtwdemo_async_mdlrefbot')
refCodeDescriptorObj は、rtwdemo_async_mdlrefbot モデルの coder.codedescriptor.CodeDescriptor オブジェクトです。
    ModelName: 'rtwdemo_async_mdlrefbot'
     BuildDir: 'C:\Users\Desktop\Work\slprj\tornado\rtwdemo_async_mdlrefbot'

バージョン履歴

R2018a で導入