Main Content

slreportgen.utils.getModelHandle

Simulink モデルの取得

説明

modelHandle = slreportgen.utils.getModelHandle(obj) は、Simulink® モデルまたは Stateflow® オブジェクトのハンドルを返します。

Simulink モデル ハンドルの取得

openExample('f14') 
modelHandle_blk = slreportgen.utils.getModelHandle('f14/Controller')
modelHandle_blk =

    2.0002

Stateflow チャート ハンドルの取得

load_system("sf_car");
chart = find(slroot,"-isa","Stateflow.Chart", ...
    Name="shift_logic");
chart_handle = slreportgen.utils.getModelHandle(chart);

入力引数

すべて折りたたむ

Simulink または Stateflow オブジェクト。オブジェクト パスまたはオブジェクト ハンドルの string または文字配列として指定します。このユーティリティは、指定されたモデルまたはチャートのハンドルを返します。モデルまたはチャートの要素を指定した場合、このユーティリティは、その要素を含むモデルまたはチャートのハンドルを返します。

出力引数

すべて折りたたむ

モデル ハンドル。double として返されます。

バージョン履歴

R2018b で導入