Main Content

Simulink Report Generator と MATLAB Report Generator の関係

Simulink® Report Generator™ によって、MATLAB® Report Generator が拡張され、Simulink ブロック線図と要素、および Stateflow® チャートと要素について検索およびレポートする機能が追加されます。さらに、Simulink Report Generator は、Simulink モデルの Web ビューと組み込み Web ビューを提供します。

ファインダーとレポーター

Simulink レポート API には、Simulink ブロック線図、サブシステム、ブロック、注釈、およびその他の要素を検索してレポートするファインダーのクラスがあります。また、チャート、ステート、遷移、およびその他の要素を検索し、レポートする Stateflow 用のファインダーもあります。すべてのファインダーは、mlreportgen.finder.Finder 基底クラスから派生します。ファインダーに加えて、レポート API には、ファインダーの結果についてのレポートをカスタマイズするために使用するレポーターのクラスがあります。詳細と利用可能なファインダーとレポーターの完全な一覧については、Report Generation for Simulink and Stateflow Elementsを参照してください。さらに、ファインダーとレポーターの他にも MATLAB レポート API と DOM API により、Simulink レポートを作成するために役立つタイトル ページ、目次、章レポーターなどの多くの機能が提供されています。

この例は、Simulink ブロックについてレポート API の BlockFinder クラスによってレポートされた結果を示します。

この例では、レポート API の StateflowDiagramElementFinder クラスによって Stateflow の遷移についてレポートされた結果を示します。

Web ビューと組み込み Web ビュー

Simulink Report Generator では、Web ビューと組み込み Web ビューも提供されています。Web ビューとは Simulink モデルの対話型表現の 1 つで Web ブラウザーで表示できます。組み込み Web ビューは、1 つ以上の Web ビューを含む HTML レポートです。

この例は、Web ビューを示しています。

この例は、組み込み Web ビューのレポートの一部を示しています。

参考

関連するトピック