Main Content

プロパティ テーブル コンポーネント

プロパティ テーブル コンポーネントについて

プロパティ テーブル コンポーネントは、オブジェクトのプロパティ名/プロパティ値のペアをテーブルに表示します。次の例では、figloop-tutorial レポートのプロパティ テーブルを説明します。

次のように、さまざまなタイプのプロパティ テーブル コンポーネントを利用できます。

  • MATLAB® プロパティ テーブル

  • Simulink® プロパティ テーブル (Simulink Report Generator™ が必要)

  • Stateflow® プロパティ テーブル (Simulink Report Generator が必要)

この例で使用するコンポーネントは、MATLAB Report Generator プロパティ テーブル コンポーネントです。このコンポーネントはすべて似たような動作を示します。

サンプル レポート テンプレートを開く

この例では、figloop-tutorial レポート テンプレートを使用します。Figure ループ チュートリアルのレポート テンプレートを開くには、MATLAB コマンド ラインで以下を入力します。

setedit figloop-tutorial

プロパティ テーブル出力の確認

すべてのプロパティ テーブル コンポーネントのプロパティ ページは形式が似ています。アウトライン ペインで [Figure プロパティ テーブル] コンポーネントを選択します。テーブル設定を変更するには、[Handle Graphics® プロパティ テーブル] ダイアログ ボックスで、[編集...] ボタンをクリックします。

オブジェクト タイプの選択

プロパティ テーブル コンポーネントには、レポート対象として複数のオブジェクト タイプが用意されています。たとえば、Handle Graphics プロパティ テーブルを使用すると、figure オブジェクト、axes オブジェクトまたは Handle Graphics オブジェクトについてレポートできます。

このコンポーネントのプロパティ ペインの [オブジェクト タイプ] リストから、レポート対象として別のオブジェクト タイプを選択できます。

プロパティ名/プロパティ値のペアの表示

プロパティ/値のセルの分割

  1. Handle Graphics プロパティ テーブル コンポーネントのプロパティ ペインで、[プロパティ/値のセルを分割] チェック ボックスをオフにします。

  2. [編集] をクリックします。テーブルは "非分割モード" になっています。非分割モードでは、セルおよびテキストごとに 1 を超えるプロパティ名/プロパティ値のペアがサポートされます。

  3. テーブル内の水平方向に隣接するセルにプロパティ名とプロパティ値を表示するには、[プロパティ/値のセルを分割] チェック ボックスをオンにします。テーブルは "分割モード" になります。分割モードでは、セルごとにプロパティ名/プロパティ値のペアを 1 つのみサポートします。1 を超えるプロパティのペアが 1 つのセルに表示されていても、レポートでは最初のペアのみが表示され、後続のペアはすべて無視されます。

表示オプション

プロパティ名とプロパティ値のペアは複数の方法でセルに表示できます。特定のプロパティ名/プロパティ値のペアをセルに表示する方法を指定するには、テーブルでそのフィールドを選択します (このチュートリアルでは、[Name] プロパティを選択します)。ダイアログ ボックスの下部にある表示オプションのドロップダウン リストから [Value] を選択します。選択したテーブル行には、その値のみが表示されます。

書式オプション

特定のセルのテキストの整列を指定するには、ダイアログ ボックスの下部のツール バーにある 4 つの行揃えボタンを使用します。

HandleVisibility テーブル行を選択します。次に、両端揃えボタン (一番右側のボタン) を選択します。

テーブルのタイトルの編集

テーブルのタイトルにはプロパティとテキストを含めることができます。既定では、テーブルのタイトルは %<Name> プロパティの値と同じです。このプロパティを変更することで、テーブル タイトルを変更できます。

メモ

テーブル タイトルは常に非分割モードです。

テーブル セルにテキストを入力

テキストを表示するには、テーブルを非分割モードにしなければなりません。[プロパティ/値のセルを分割] をオフにします。

HandleVisibility テーブル セルにテキストを入力するには、セルをダブルクリックします。セル プロパティのラベルをもつグレーのボックスが表示されます。

山かっこの外側にテキストを入力した場合、そのテキストがそのままレポートに表示されます。山かっこ内のテキストには有効なプロパティ名を指定しなければなりません。無効なプロパティ名を入力した場合、プロパティ値のないプロパティ名がレポートに表示されます。

テーブルのプロパティの追加、置換および削除

テーブル プロパティの追加

Handle Graphics プロパティをテーブルに追加するには、次の手順に従います。

  1. [Figure プロパティ テーブル] ウィンドウで、行の上に新しいプロパティを追加するテーブル行を選択します。

  2. [現在のセルの上側に行を追加] ボタンをクリックします。

    現在の行の上に新しい行が表示されます。

  3. 新しいテーブル行にプロパティを追加します。

    1. 新しいテーブル行を選択します。

    2. ダイアログ ボックスの右上にあるプロパティ タイプのドロップダウン リストで、プロパティ タイプを選択します。

    3. [プロパティ] リストから、追加するプロパティを選択します。

    4. [<< 追加] ボタンをクリックするか、プロパティ名をダブルクリックします。プロパティがテーブル行に表示されます。

    あるいは、追加するプロパティ名が既知の場合、テーブル セルにテキストを入力の説明に従ってプロパティ名をセルに直接入力します。新しいテーブル行の追加の詳細については、列と行の追加と削除を参照してください。

テーブル プロパティの置換

分割モードでテーブルのセルのプロパティを置き換えるには、テーブル プロパティの追加の指示に従います。

メモ

テーブルが非分割モードの場合、これらの手順を使用してセルのプロパティを削除することはできません。

テーブル プロパティの削除

プロパティを削除するには、その上で Backspace キーを押すか、または Delete キーを使用します。

テーブルの列、行、セルの書式設定

列と行の追加と削除

列または行を追加または削除するには、セルを選択し、次の表で説明するいずれかのボタンをクリックします。

メモ

テーブル内に行または列が 1 つしかない場合、その行と列は削除できません。

ボタン

アクション

列を追加 (選択した列の左側に追加されます)

選択した列を削除

行を追加 (選択した行の上に追加されます)

選択した行を削除

列のサイズ変更

列幅のサイズを変更するには、垂直方向の境界をクリックして必要に応じてドラッグします。

セルの結合と分割

テーブル セルを結合または分割するには、行をクリックし、次の表で説明するいずれかのボタンをクリックします。

ボタン

アクション

セルを下方向に結合

セルを右方向に結合

セルを分割

セルの境界の表示または非表示

セルの境界のオン/オフを切り替える方法は以下です。

  1. カーソルをセル内に置き、右クリックしてコンテキスト メニューを呼び出します。

  2. [セルの境界][上][下][右] または [左] を選択し、指定した境界線のオン/オフを切り替えます。

ズームとスクロール

水平スクロール バーの左側に配置されているズーム ボタンを使用して、テーブルをズームインおよびズームアウトできます。

ボタン

アクション

ズームイン

ズームアウト

テーブルのスクロール バーを使用して、垂直方向および水平方向にスクロールできます。

テーブルの選択

プロパティ名/プロパティ値のペアを表示するには、プリセット テーブルを選択するか、カスタム テーブルを使用します。

  • プリセット テーブルは組み込みで、書式設定済みです。[Figure プロパティ テーブル] ウィンドウの左上にある [プリセット テーブルの選択] リストからプリセット テーブルを選択できます。プリセット テーブルを適用するには、テーブルを選択し、[適用] をクリックします。

  • カスタム テーブルを作成するには、プリセット テーブルを選択し、行やプロパティを追加/削除してニーズに適合するように変更します。[Blank 4x4] プリセット テーブルから始めてみてください。

    メモ

    カスタム テーブルをプリセット テーブルとして保存することはできません。これを行った場合、カスタム テーブルに対するすべての変更内容が失われます。