Main Content

rptview

クラス: mlreportgen.report.Report
パッケージ: mlreportgen.report

生成されたレポート ファイルをビューアーで開く

構文

rptview(report)

説明

rptview(report) は、生成されたレポート ファイルをビューアーで開きます。どのビューアーでレポートが表示されるかは、レポートのタイプによって決まります。たとえば、HTML のレポートは既定の HTML ブラウザーで開きます。

Linux® または Macintosh のプラットフォームで Word ドキュメントを開く場合、rptviewsoffice コマンドを呼び出します。Linux では、Apache OpenOffice™ または LibreOffice® がインストールされていなければなりません。Macintosh では、Apache OpenOffice が /Applications フォルダーにインストールされていなければなりません。

入力引数

すべて展開する

レポート。レポート オブジェクトとして指定します。report 入力を作成するには、mlreportgen.report.Report を使用します。

ヒント

mlreportgen.report.Report オブジェクト以外の引数値を使用して rptview を呼び出すと、関数 rptview が呼び出されます。

たとえば、以下のコードでは、最初の rptview の呼び出しによって rptview メソッドが呼びされます。2 番目の rptview の呼び出しによって関数 rptview が呼び出されます。

import mlreportgen.report.*
rpt = Report('myReport','pdf');
append(rpt, 'Hello World');
close(rpt);
% Invokes rptview method
rptview(rpt);
% Invokes rptview function  
rptview('myReport.pdf');

バージョン履歴

R2017b で導入