Main Content

mlreportgen.dom.Underline クラス

パッケージ: mlreportgen.dom

テキストの下に線を引く

説明

テキストの下に線を引く

mlreportgen.dom.Underline クラスは handle クラスです。

作成

説明

underline = Underline() は、テキストの下に一重線を引きます。

underline = Underline(type) は、テキストの下に指定されたタイプの線を引きます。

underline = Underline(type,color) は、テキストの下に指定されたタイプと色の線を引きます。color パラメーターは mlreportgen.dom.Color オブジェクトでなければなりません。

入力引数

すべて展開する

下線のスタイル。以下のいずれかの値として指定します。HTML や PDF でサポートされるのは 'single' のみです。

説明
'single'一重線の下線 (HTML や PDF でサポートされる唯一のスタイル)
'double'二重線の下線
'words'単語にのみ下線を引く (空白は除外)
'thick'太線の下線
'dotted'点線の下線
'dottedHeavy'太点線の下線
'dash'破線の下線
'dashedHeavy'太破線の下線
'dashLong'長破線の下線
'dashLongHeavy'長太破線の下線
'dotDash'一点鎖線の下線
'dotDotDash'二点鎖線の下線
'dashDotDotHeavy'太い二点鎖線の下線
'dashDotHeavy'太い一点鎖線の下線
'none'下線なし
'wave'波線の下線
'wavyDouble'二重波線の下線
'wavyHeavy'太い波線の下線

下線の色。mlreportgen.dom.Color オブジェクトで指定します。

プロパティ

すべて展開する

下線のスタイル。コンストラクターの type 入力引数の説明を参照してください。

データ型: char

下線の色。mlreportgen.dom.Color オブジェクトで指定します。

このドキュメント要素の ID。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ドキュメント要素を作成するときに、DOM によってセッション固有 ID が生成されます。独自の ID を指定できます。

このドキュメント要素のタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

DOM は、このオブジェクトを作成するときに、セッション固有タグを生成します。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS はオブジェクト クラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。独自のタグ値を指定すると、ドキュメントの生成中に問題が発生した箇所を容易に特定できるようになります。

バージョン履歴

R2014b で導入