Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

dispatch

DOM ステータス メッセージのディスパッチ

説明

dispatch(dispatcher,message) は、DOM ステータス メッセージをディスパッチします。

すべて展開する

この例では、レポートを生成するときに表示する進行状況メッセージを追加する方法を示します。

ディスパッチャーとリスナーをレポートに追加します。

import mlreportgen.dom.*;
doctype = 'html';
d = Document('test',doctype);

d.Tag = 'My report';
          dispatcher = MessageDispatcher.getTheDispatcher;
l = addlistener(dispatcher,'Message', ...
    @(src,evtdata) disp(evtdata.Message.formatAsText));
     
open(d);
dispatch(dispatcher,ProgressMessage('starting chapter',d));

p = Paragraph('Chapter ');
p.Tag = 'chapter title';
append(d,p);
     
close(d);
rptview('test',doctype);
     
delete (l);
 

MATLAB® コマンド ウィンドウで進行状況メッセージをチェックします。事前定義された DOM 進行状況メッセージに加えて、starting chapter メッセージが表示されます。

入力引数

すべて展開する

DOM メッセージ ディスパッチャー。mlreportgen.dom.MessageDispatcher オブジェクトとして指定します。

以下の DOM メッセージ オブジェクト タイプからいずれかを選択します。

  • mlreportgen.dom.ProgressMessage

  • mlreportgen.dom.WarningMessage

  • mlreportgen.dom.ErrorMessage

  • mlreportgen.dom.DebugMessage

R2014b で導入