最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

mlreportgen.dom.LineSpacing クラス

パッケージ: mlreportgen.dom
スーパークラス:

説明

段落の行間の間隔を指定します。

構築

lineSpacingObj = LineSpacing() は、段落フォント サイズの一行の高さと等しい行間隔を指定します。

lineSpacingObj = LineSpacing(multiple) は、段落のテキスト行の高さの倍数として行間隔を指定します (たとえば 1.5)。

lineSpacingObj = LineSpacing(spacingHeight) は、寸法として行間隔を指定します (たとえば '10pt')。

lineSpacingObj = LineSpacing(spacingHeight,spacingType) は、行間隔の値とタイプを指定します。

入力引数

すべて展開する

段落のテキスト行の高さに対して行間隔を指定するスカラー。

valueUnits の形式での行間隔の高さ。ここで、Units は単位の略語です。有効な略語を以下に示します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

行間隔のタイプ。以下のいずれかの値として指定します。

  • 'multiple' — 値は行数を単位とした間隔です。

  • 'exact' — 値は行間隔の厳密なサイズです。

  • 'atleast' — 値は行間隔の最小サイズです (Microsoft® Word のみに適用されます)。

出力引数

すべて展開する

段落の行間の間隔。mlreportgen.com.LineSpacing オブジェクトで表されます。

プロパティ

すべて展開する

このドキュメント要素の ID。文字ベクトルとして指定します。ドキュメント要素を作成するときに、DOM によってセッション固有 ID が生成されます。独自の ID を指定できます。

ドキュメント要素のタグ。文字ベクトルとして指定します。

セッション固有 ID は、ドキュメント要素作成の一環として生成されます。生成されたタグの形式は CLASS:ID という形式です。ここで、CLASS は要素のクラスです。ID はオブジェクトの Id プロパティの値です。タグを指定して、生成されたタグを置き換えることができます。

たとえば、ドキュメントの生成中に問題が発生した箇所の特定を容易にするために、独自のタグ値を指定できます。

行間隔のタイプ。以下のいずれかの値として指定します。

  • 'multiple' — 値は行数を単位とした間隔です。

  • 'exact' — 値は行間隔の厳密なサイズです。

  • 'atleast' — 値は行間隔の最小サイズです (Word のみに適用されます)。

valueUnits の形式での行間隔の高さ。ここで、Units は単位の略語です。有効な略語を以下に示します。

  • px — ピクセル (既定)

  • cm — センチメートル

  • in — インチ

  • mm — ミリメートル

  • pc — パイカ

  • pt — ポイント

すべて折りたたむ

p = Paragraph();
p.Style = {LineSpacing(1.5)};