Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

moveToNextHole

ドキュメントの追加ポイントを次のテンプレート ホールに移動

説明

holeID = moveToNextHole(docObj) は、ドキュメント テンプレートのカレント ホールと次のホールの間のテキストを出力ドキュメントにコピーします。DOM によって、テキストの mlreportgen.dom.RawText オブジェクトが作成されます。このメソッドは、次のホールをカレント ホールとし、そのホールの ID を返します。

すべて展開する

import mlreportgen.dom.*;
myReport = Document('myDoc','docx');

moveToNextHole(myReport);

入力引数

すべて展開する

次のホールに追加ポイントを移動させる対象のドキュメント。

出力引数

すべて展開する

メソッドが移動させるテンプレート ホールの ID (新しいカレント ホール)。

データ型: char

ヒント

moveToNextHole メソッドの初回の呼び出しでは、DOM によってテンプレート内にある最初のホールまでのすべてのテキストが出力ドキュメントにコピーされます。Document.append メソッドを使用して、最初のホールを埋めるために出力ドキュメントにコンテンツを追加します。moveToNextHole を次に呼び出すと、DOM によってテンプレート内の最初のホールと 2 番目のホールの間にあるすべてのテキストが出力ドキュメントにコピーされます。次に、Document.append メソッドを使用して 2 番目のホールを埋めます。このようにして、ドキュメントのすべてのホールを連続して埋めることができます。

R2014b で導入