Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

内挿

信号メンバーがメンバーごとに異なる個々のタイプスタンプをもっている場合、内挿を選択します。内挿では、等間隔にサンプリングされたデータ グリッドにメンバーをリサンプリングします。

  • 信号 — 内挿する信号。

  • 内挿法 — 等間隔グリッドへの内挿の詳細については、interp1 の内挿法のセクションを参照してください。

  • サンプリング周波数 — 既定の auto 設定は、メンバー全体の平均のサンプリング周波数を計算します。

ソフトウェアは計算の結果を新しい変数に格納します。この新しい変数名には接尾辞 interp をもつソース信号名が含まれています。

内挿は、信号を同時実行可能であると見なすことができる場合にのみ使用します。開始時間が意図的にずらされている信号を使用している場合、内挿によって各メンバー信号が元のサイズからシーケンス全体の最大長まで NaN で埋められて拡張されます。たとえば、3 つの異なる測定日のシーケンスを維持する必要があるとします。各日のデータ量とサンプリング周波数は同じですが、開始時間はそれぞれ異なります。グリッド内挿は、各データ メンバーを 1 日から 3 日に拡張します。この信号拡張および NaN の処理によって処理オーバーヘッドが増大し、計算が遅くなります。

グリッド内挿の詳細については、グリッド データの内挿を参照してください。