最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ウォーター ハンマー現象

このモデル例では、Foundation Library の中の Thermal Liquid ライブラリを使用して、長いパイプで発生するウォーター ハンマーをモデル化する方法を説明します。パイプ内の流れが安定するように時間をかけてバルブを開いた後、このバルブを数ミリ秒で閉じます。これによって、ウォーター ハンマー現象が発生します。バルブは Variable Local Restriction (TL) ブロックを使用してモデル化され、パイプは Pipe (TL) ブロックを使用して 4 つの区間に分割されています。パイプを多くのセグメントに分割すると忠実度は向上しますが、シミュレーションのパフォーマンスが低下します。

Pipe (TL) ブロックは、動的圧縮率と流体慣性を含める、あるいは無視するように構成できます。Valve Signal を Fast に設定し、動的圧縮率と慣性の両方を有効にすると、このモデルでウォーター ハンマー現象が再現されます。詳細は、Pipe (TL) ブロックのドキュメンテーションを参照してください。

モデル

Scope からのシミュレーション結果

パワー スペクトル密度