ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

labindex

このワーカーのインデックス

構文

id = labindex

説明

id = labindex は関数を現在実行しているワーカーのインデックスを返します。labindex はジョブの実行開始時に各ワーカーに割り当てられ、そのジョブの間だけ適用されます。labindex の値の範囲は 1n です。n は現在のジョブを実行しているワーカーの数で、numlabs で定義されます。

spmd ブロック内および parfor ループ内で labindex を表示します。

p = parpool('local',2);
spmd
    labindex
end
Lab 1: 
         1
  
Lab 2: 
        2

2 つのワーカーがある同一のプール p を使用します。

parfor a=1:4
    [a,labindex]
end
ans =
     3     1
ans =
     2     1
ans =
     1     1
ans =1
     4     1

ヒント

spmd ブロックでは、ユーザーはすべてのワーカーに個別にアクセスしてワーカーでの実行対象の制御を行うことができるため、各ワーカーには一意の labindex があります。

ただし、parfor ループ内では labindex は、すべての反復のすべてのワーカーに必ず値 1 を返します。

R2006a より前に導入