Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

isgpuarray

入力が gpuArray であるかどうかの判別

    説明

    TF = isgpuarray(X) は、XgpuArray の場合に logical 1 (true) を返し、それ以外の場合は logical 0 (false) を返します。この関数を if ステートメントと共に使用して、gpuArray 入力を必要とするコードの実行を回避することができます。

    すべて折りたたむ

    乱数配列を作成します。

    X = rand(3,3);

    この配列を GPU にコピーします。

    Y = gpuArray(X);

    関数 isgpuArray を使用して、YgpuArray であることを確認します。

    isgpuArray(Y)
    ans = 
       1
    

    XgpuArray でないことを確認します。

    isgpuarray(X)
    ans = 
       0
    

    入力引数

    すべて折りたたむ

    入力変数。ワークスペース変数として指定します。X は、どのデータ型でも構いません。

    拡張機能

    R2020b で導入