Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

受講者の解答のテスト

評価テストは、受講者が正解したかどうかを判定するためのものです。テストを作成するにあたっては、受講者による共通のエラーの種類を考慮し、そのような条件に対するテストを含めます。以下の例で、評価の作成にあたって考慮すべき、より一般的な条件のいくつかを示します。この例には、テストの実行後に出力として受講者に提供する推奨メッセージが含まれています。

サンプル問題

MathWorks® スタッフにより作成されたサンプル問題は、問題と評価の作成をサポートする目的で提供されています。サンプル問題では、問題を作成するための適切な手法や、受講者の提出内容の正誤を正しく診断するための評価を作成する方法について説明しています。

評価

すべてのテストに対し、次を行うことができます。

  • 評価方法を [正解/不正解] または [重み付け] に設定できます。評価方法は、問題に割り当てられた点数がどのように付与されるかを決定します。

  • テストがプレテストであることを示すことができます。

  • 次のオプションの中からテスト タイプを指定できます。

    • 模範解答との比較 (スクリプトの問題のみ、関数の問題の場合は評価関数 assessVariableEqual を使用)

    • 関数またはキーワードが存在するかどうか

    • 関数またはキーワードが抜けているかどうか

    • すべての評価を MATLAB® コードを使用して作成する

これらのオプションは MATLAB コードに変換できます (MATLAB コードで作成した場合を除く)。

これらのタイプの詳細については、関数ベースの受講者の解答に対する評価の作成およびスクリプトベースの受講者の解答に対する評価の作成を参照してください。

正解/不正解による評価

正解/不正解による方法を選択した場合、問題は合格/不合格として扱われます。正解/不正解として定義された評価では、すべてのテストが合格の場合に 1 を返し、いずれかのテストが不合格の場合に 0 を返します。すべての評価が正解である場合、付与可能な最高点数が与えられます。いずれかのテストが不正解とマークされた場合、点数は付与されません。

重み付け評価

重み付け評価を選択すると、部分点を与えることができます。各評価テストに、付与可能な合計点数のパーセンテージを割り当てます。各評価に割り当てられた点数の値 (重み) を変更することにより、パーセンテージを修正できます。付与される点数は、正解とマークされた評価のパーセンテージを合計し、付与可能な最高点数を乗じることにより決定されます。​

たとえば、2 つの評価テストがある問題について考えてみましょう。最初の評価が正解の場合に点数の 1/3 (33%) を付与し、2 番目の問題が正解の場合に 2/3 (67%) を付与するとします。評価を作成するときに、最初のテストに 1 点、2 番目のテストに 2 点を割り当てます。

次の図は、評価が重み付けの場合に受講者に表示される内容を示します。

  • 解答を提出する前は、次のような状態です。

  • 評価に合格する解答を提出した場合、次のようになります。

  • 評価に合格とならない解答を提出した場合、次のようになります。

評価が重み付けされていることを示すには、次のように、[評価方法][重み付け] を選択します。

複数の評価を作成するときに点数を割り当てることで、各評価に与えられる重みを割り当てます。

受講者にはパーセンテージを表示できます。

受講者フィードバック

カスタム フィードバックの表示

テストが不合格となった場合に、受講者に対して、追加のカスタム フィードバックを提供できます。このフィードバックは、書式設定されたテキスト、ハイパーテキスト リンク、画像、方程式などのリッチ テキスト形式で入力できます。

最初のエラーのみフィードバックを表示 (スクリプトベースの問題)

スクリプトベースの問題では、最初のエラーが後続のエラーの原因となる場合があります。受講者には、最初のエラーにまず焦点を当てるように促すことができます。

[最初のエラーのみフィードバックを表示] オプションを選択すると、最初のエラーについては詳細なフィードバックが表示されますが、それ以降のエラーについては既定で非表示になります。受講者は [フィードバックを表示] をクリックすることで、この追加のフィードバックを表示できます。

関連するトピック