Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

vertexNormal

三角形分割の頂点法線

説明

V = vertexNormal(TR) は 3 次元表面の三角形分割のすべての頂点に対する単位法線ベクトルを返します。V は 3 列の行列で、各行には TR.Points の頂点に対応する単位法線座標が含まれます。

V = vertexNormal(TR,ID) は、ID でインデックス付けされた頂点ごとの単位法線ベクトルを返します。頂点 ID は、プロパティ TR.Points の頂点に対応する行番号です。

すべて折りたたむ

三角形分割の頂点に対する単位法線ベクトルを計算してプロットします。

立方体の体積を表す 3 次元三角形分割を作成します。

[X,Y,Z] = meshgrid(1:4);
x = X(:);
y = Y(:);
z = Z(:);
DT = delaunayTriangulation(x,y,z);

立方体の境界を三角形分割します。

[Tfb,Xfb] = freeBoundary(DT);
TR = triangulation(Tfb,Xfb);

三角形の頂点に対する単位法線ベクトルを求めます。

V = vertexNormal(TR);

三角形分割された表面と単位法線ベクトルをプロットします。

trisurf(TR,'FaceColor',[0.8 0.8 1.0]);
axis equal
hold on
quiver3(Xfb(:,1),Xfb(:,2),Xfb(:,3), ...
     V(:,1),V(:,2),V(:,3),0.5,'Color','b');

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type patch, quiver.

入力引数

すべて折りたたむ

3 次元表面の三角形分割に限定の三角形分割の表現。スカラー triangulation または delaunayTriangulation オブジェクトとして指定します。

データ型: triangulation | delaunayTriangulation

頂点 ID。要素が三角形分割オブジェクトの個々の頂点に対応するスカラーまたは列ベクトルとして指定します。各頂点の ID は、Points プロパティの対応する頂点の行番号です。

データ型: double

R2013a で導入