Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

circumcenter

三角形または四面体の外心

説明

C = circumcenter(TR) は、三角形分割 TR の各三角形または四面体の外心の座標を返します。

C = circumcenter(TR,ID) は、ID でインデックス付けされた各三角形または四面体の外心の座標を返します。TR の三角形または四面体の ID 番号は、プロパティ TR.ConnectivityList の対応する行番号です。

[C,r] = circumcenter(___) は、前述の構文のいずれかについて、TR の外接円または外接球の半径を返します。

すべて折りたたむ

2 次元三角形分割データを読み込んで、三角形分割表現を作成します。

load trimesh2d
TR = triangulation(tri,x,y);

TR の各三角形の外心を計算します。

C = circumcenter(TR);

三角形分割と赤の外心をプロットします。外心の x 座標は C の 1 列目に含まれ、これに対応する y 座標は 2 列目に含まれます。

triplot(TR)
axis([-100 400 -50 350])
hold on 
plot(C(:,1),C(:,2),'r.')
hold off

Figure contains an axes. The axes contains 2 objects of type line.

一連の点から Delaunay 三角形分割を作成します。

rng default;
P = rand(10,3);
TR = delaunayTriangulation(P);

TR にある最初の 5 個の四面体の外心と、外接球の半径を計算します。

[C,r] = circumcenter(TR,[1:5]')
C = 5×3

   13.2189   -2.3004   -0.4970
   -0.4884    0.6741   -0.1140
    0.3089    0.1067   -0.3349
    0.2805    0.7532    0.5855
    0.8514    2.1609    0.9824

r = 5×1

   12.6978
    1.1775
    1.1135
    0.3670
    1.4112

入力引数

すべて折りたたむ

三角形分割の表現。スカラー triangulation オブジェクトまたは delaunayTriangulation オブジェクトとして指定します。

データ型: triangulation | delaunayTriangulation

三角形または四面体の ID。各要素が三角形分割オブジェクトの個々の三角形または四面体に対応するスカラーまたは列ベクトルとして指定します。各三角形または四面体の ID 番号は、ConnectivityList プロパティの対応する行番号です。

データ型: double

出力引数

すべて折りたたむ

三角形または四面体の外心。2 次元座標の場合は 2 列の行列、3 次元座標の場合は 3 列の行列として返されます。

データ型: double

外接円または外接球の半径。スカラーまたはベクトルとして返されます。

データ型: double

R2013a で導入