Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

barycentricToCartesian

座標を重心座標から直交座標に変換

説明

C = barycentricToCartesian(TR,ID,B) は、三角形分割オブジェクト TR を基準とした B の点の直交座標を返します。B の各行には、ID でインデックス付けされている三角形または四面体に対する点の重心座標が含まれます。TR の三角形または四面体の ID 番号は、プロパティ TR.ConnectivityList の対応する行番号です。

すべて折りたたむ

一連の点 P と三角形分割連結リスト T から三角形分割を作成し、その三角形分割をプロットします。

P = [2.5 8.0; 6.5 8.0; 2.5 5.0; 6.5 5.0; 1.0 6.5; 8.0 6.5];
T = [5 3 1; 3 2 1; 3 4 2; 4 6 2];
TR = triangulation(T,P);
triplot(TR)

Figure contains an axes. The axes contains an object of type line.

TR の最初 (左端) の三角形の ID 番号と、その三角形の 2 番目の点の重心座標を指定します。

ID = 1;
B = [0 1 0];

重心座標を、TR の最初の三角形を基準とした直交座標に変換します。

C = barycentricToCartesian(TR,ID,B)
C = 1×2

    2.5000    5.0000

入力引数

すべて折りたたむ

三角形分割の表現。スカラー triangulation オブジェクトまたは delaunayTriangulation オブジェクトとして指定します。

データ型: triangulation | delaunayTriangulation

三角形または四面体の ID。各要素が三角形分割オブジェクトの個々の三角形または四面体に対応するスカラーまたは列ベクトルとして指定します。各三角形または四面体の ID 番号は、ConnectivityList プロパティの対応する行番号です。

データ型: double

重心座標。2 次元座標の場合は 3 列の行列、3 次元座標の場合は 4 列の行列として指定します。

データ型: double

R2013a で導入