Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tempname

一時ファイルの固有な名前

説明

tmpName = tempname は、システムの一時フォルダー内にある一時ファイルの一意のパスを含む文字ベクトルを返します。

tmpName = tempname(folderName) は、指定されたフォルダー内にある一時ファイルの一意のパスを返します。

すべて折りたたむ

2 つの文字ベクトルを連結して、拡張子 .dat をもつ一時ファイル名を作成します。

tmpName = [tempname,'.dat'];

C:\myTemporaryFiles フォルダー内で使用する一時ファイル名を作成します。

tmpName = tempname('C:\myTemporaryFiles');

一時ファイル名を作成します。

filename = tempname;

一時ファイル名でファイルを新規作成し、データをファイルに書き込みます。

fileID = fopen(filename,'w');
fwrite(fileID,magic(5));
fclose(fileID);

入力引数

すべて折りたたむ

フォルダー名。フォルダー名を含む string スカラーまたは文字ベクトルとして指定します。

制限

  • ほとんどの場合、tempname は汎用一意識別子 (UUID) を生成します。ただし、MATLAB® を JVM™ ソフトウェアなしで実行する場合、tempname は CPU カウンターと時刻を使用してランダムな文字ベクトルを生成しますが、この文字ベクトルが一意であることは保証されません。JVM ソフトウェアを読み込まない MATLAB 起動オプションの詳細は、よく使われる起動オプションを参照してください。

R2006a より前に導入