最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

stlwrite

三角形分割から STL ファイルを作成します。

説明

stlwrite(TR,filename) は、三角形分割 TR をバイナリ STL ファイル filename に書き込みます。三角形分割は triangulation オブジェクトまたは 2 次元 delaunayTriangulation オブジェクトのいずれかにすることができます。

stlwrite(TR,filename,fileformat) では、書き込まれるファイルのファイル形式も指定します。fileformat'binary' (既定) または 'text' にすることができます。

stlwrite(___,Name,Value) は、前のいずれかの構文の 1 つ以上の Name,Value ペアの引数を使用して STL ファイルに書き込む追加のオプションを指定します。たとえば、stlwrite(TR,'stlbinary','Attribute',attributes) は、TR 内の各三角形の属性の uint16 ベクトルも書き込みます。

すべて折りたたむ

2 次元 triangulation オブジェクトを作成してプロットします。

P = [2.5 8.0; 6.5 8.0; 2.5 5.0; 6.5 5.0; 1.0 6.5; 8.0 6.5];
T = [5 3 1; 3 2 1; 3 4 2; 4 6 2];
TR = triangulation(T,P);
triplot(TR)

tritext.stl という名前のテキスト ファイルに三角形分割を書き込みます。

stlwrite(TR,'tritext.stl','text')

入力引数

すべて折りたたむ

三角形分割。triangulation オブジェクトまたは 2 次元 delaunayTriangulation オブジェクトとして指定します。

STL ファイル名。文字ベクトルまたはスカラー string として指定します。ファイル名は .stl または .STL の拡張子で終わらなければなりません。

例: 'stltextfile.stl'

ファイル形式。'binary' または 'text' のいずれかとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は一重引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,Name2,Value2 のように、名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: stlwrite(TR,'stltext','SolidIndex',solidIDs)

バイナリ属性。uint16 ベクトルとして指定します。入力ファイルがバイナリ ファイルの場合、attributes には三角形に関する符号化された情報を含むことができます。その長さは三角形分割の三角形の数と等しくなければなりません。このパラメーターは、入力ファイルがテキスト ファイルの場合はサポートされません。

固定グループ化インデックス。識別番号のベクトルとして指定します。入力ファイルがテキスト ファイルの場合、識別番号によって各三角形を三角形分割内の三角形のグループ化に割り当てなければなりません。ベクトルの長さは、三角形分割の三角形の数と同じでなければなりません。このパラメーターは、入力ファイルがバイナリの場合サポートされません。

R2018b で導入