ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

pyversion

Python インタープリターの既定のバージョンを変更

説明

pyversion は、現在の Python® のバージョンに関する詳細を表示します。

[version, executable, isloaded] = pyversion は、Python のバージョン情報を返します。

___ = pyversion version は、Microsoft® Windows® プラットフォームの既定の Python のバージョンを変更します。前述の構文の任意の出力を要求することができます。この設定は MATLAB® のセッションを切り替えた場合も保持されます。

メモ

MATLAB が Python を読み込んだ後でバージョンを変更することはできません。Python が既に読み込まれている場合にバージョンを変更するには、MATLAB を再起動して pyversion を呼び出します。

___ = pyversion executable は、Python 実行可能ファイルへの絶対パスを指定します。この構文は、任意のプラットフォームで、再パッケージ化された CPython 実装のダウンロードに使用できます。

すべて折りたたむ

pyversion
       version: '2.7'
    executable: 'C:\Python27\python.exe'
       library: 'C:\windows\system32\python27.dll'
          home: 'C:\Python27'
      isloaded: 0
[v, e, isloaded] = pyversion;
if isloaded
    disp('To change the Python version, restart MATLAB, then call pyversion.')
else
    pyversion 2.7
end

入力引数

すべて折りたたむ

Python バージョン番号。string または文字ベクトルとして指定します。バージョンには、メジャー バージョンとマイナー バージョンの番号をピリオドで区切って含めなければなりません (Windows プラットフォームのみ)。

pyversion では、Windows レジストリでバージョンを確認します。Python アプリケーションを www.python.org/downloads からダウンロードした場合は、インストールによってバージョンがレジストリへ自動的に追加されます。それ以外の場所からこのアプリケーションをダウンロードした場合は、手動でレジストリに追加するか、pyversion(executable) 構文を使用してバージョンを変更しなければなりません。

例: 3.5

既存の Python 実行可能ファイルの名前。string または文字ベクトルとして指定します。この引数は Python 実行可能ファイルの名前を含んでいなければならず、絶対パスを指定できます。

例: C:\Python33\python.exe

例: /usr/bin/python

出力引数

すべて折りたたむ

Python のバージョン番号。文字ベクトルとして返されます。

Python 実行可能ファイルの名前。文字ベクトルとして返されます。

指定したバージョンが読み込まれているかどうかを示す読み込みバージョン インジケーター。logical として返されます。py. コマンドを入力すると、MATLAB で Python が読み込まれます。

MATLAB が Python を読み込めない場合、py. コマンドを入力すると isloaded0 になり、MATLAB に変数 "py" または関数 "py.command" は未定義ですと表示されます。

制限

  • Python コマンドを含む MATLAB 関数では、pyversion を使用してバージョンを設定しないでください。MATLAB は関数 pyversion を実行する前に、関数内の Python コマンドの処理時に Python インタープリターを読み込みます。

参考

外部の Web サイト

R2014b で導入