Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.unittest.plugins.TAPPlugin クラス

パッケージ: matlab.unittest.plugins

Test Anything Protocol ストリームを生成するプラグイン

説明

TAPPlugin は Test Anything Protocol (TAP) ストリームを生成するプラグインを作成します。このプラグインを使用すると、MATLAB® ユニット テストの結果を、TAP プロトコルを認識するサードパーティ システムに統合することが可能になります。たとえば、テスト結果を Jenkins™ または TeamCity® のような継続的インテグレーション プラットフォームに統合することができます。

構築

TAPPlugin の静的メソッドのいずれかを使用してインスタンスを作成します。

オリジナルの TAP 形式 (バージョン 12) で出力を生成するには、静的メソッド producingOriginalFormat を使用します。TAP 形式のバージョン 13 で出力を生成するには、静的メソッド producingVersion13 を使用します。TAP 形式バージョン 13 の出力では YAML ブロックにテスト診断情報が含まれています。

メソッド

producingOriginalFormatオリジナルの TAP 形式の TAPPlugin を作成
producingVersion13Version 13 の TAP 形式の TAPPlugin を作成

コピーのセマンティクス

ハンドル。コピー操作に対するハンドル クラスの影響については、オブジェクトのコピーを参照してください。

R2014a で導入