ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

matlab.net.ArrayFormat クラス

パッケージ: matlab.net

HTTP クエリの配列の変換

説明

ArrayFormat 列挙型と matlab.net.QueryParameter クラスを使用して、複数の値を表すクエリ値の変換に使用される形式を制御します。

列挙型メンバー名説明
csv

parm=1,2,3 など、コンマ区切りリストを生成する形式

json

parm=[1,2,3] など、JSON のような配列を生成する形式

php

parm[]=1&[]=2&[]=3 など、大かっこと複数の値をもつ名前を生成する形式

repeating

parm=1&=2&=3 など、繰り返しのある名前と値のペアを生成する形式

クエリ値は、次のいずれかでは複数の値を含んでいると見なされます。

  • 非スカラー数値、string、論理値または datetime (各要素は値)。

  • m 行 n 列の文字配列。各行は文字列として解釈される

  • cell ベクトル。各要素は値

文字配列を除く 1 次元を超えるクエリ値はサポートされません。cell ベクトルでは、各要素はスカラーまたは文字ベクトルでなければなりません。

属性

Sealedtrue

R2016b で導入