Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

matlab.io.xml.dom.Parser クラス

パッケージ: matlab.io.xml.dom

XML マークアップ パーサー

説明

matlab.io.xml.dom.Parser クラスのオブジェクトを使用して XML マークアップを matlab.io.xml.dom.Document オブジェクトに変換します。Parser オブジェクトには XML を変換する 2 つのメソッドがあります。XML がファイルに含まれている場合、parseFile メソッドを使用して XML マークアップを変換します。XML が文字ベクトルまたは string スカラーの場合、parseString メソッドを使用します。

解析する XML マークアップには、コメントまたは処理命令を前後に指定できる最上位要素が 1 つのみ含まれていなければなりません。マークアップに複数の最上位要素が含まれている場合、最初の要素の処理後、パーサーはエラーをスローします。パーサーは comment or processing instruction expected をエラーの理由としてレポートします。

matlab.io.xml.dom.Parser クラスは handle クラスです。

クラスの属性

HandleCompatible
true

クラス属性の詳細については、クラスの属性を参照してください。

作成

説明

parser = matlab.io.xml.dom.Parser() は XML マークアップ パーサーを作成します。Configuration プロパティを使用して、パーサーのオプションを指定します。

プロパティ

すべて展開する

パーサーのオプション。matlab.io.xml.dom.ParserConfiguration オブジェクトとして指定します。

属性:

GetAccess
public
SetAccess
immutable
Transient
true
NonCopyable
true

メソッド

すべて展開する

すべて折りたたむ

パーサーを作成し、parseFile メソッドを呼び出して、ファイル内の XML を matlab.io.xml.dom.Document オブジェクトに変換します。

import matlab.io.xml.dom.*

doc = parseFile(Parser,"days.xml");

パーサーを作成し、parseString メソッドを呼び出して、ファイル内の XML 文字列を matlab.io.xml.dom.Document オブジェクトに変換します。

import matlab.io.xml.dom.*
s1 = "<days><day>Mon</day><day>Tue</day><day>Wed</day>";
s2 = "<day>Thu</day><day>Fri</day></days>";
xmlString = s1+s2;
doc = parseString(Parser,xmlString);

制限

  • Parser オブジェクトでは、以下のすべての条件に該当する場合はファイルを解析できません。

    • ファイル パスに 1 つ以上のスペースが含まれている。

    • DoXInclude プロパティが true に設定されている。

    • 入力 XML ファイルに <xi> タグが含まれている。

バージョン履歴

R2021a で導入